クレジットカード種類

当サイトは、コンビニ決済、銀行振込に対応しています。

ベトメディン・チュアブル

ベトメディン・チュアブル

  • メーカー:ベーリンガーインゲルハイム
  • カテゴリ:心臓病
  • 有効成分:ピモベンダン

このお薬の人気ポイント

・ベトメディンのチュアブルタイプ

・従来品よりも簡単に飲ませることができる

商品詳細

ベトメディン・チュアブルは、ベーリンガーインゲルハイム社が開発、販売している犬用の心不全治療薬です。
従来のベトメディンと同じように、犬の僧帽弁閉鎖不全症や拡張型心筋症による慢性心不全に対し治療効果を発揮します。

また、従来のものよりも錠剤が小さく作られており、犬が飲みやすくなるよう錠剤に味がつけられています。
これにより、口が小さな小型犬や超小型犬、薬を飲むのが苦手な犬にも簡単に与えることができます。

ベトメディン・チュアブルに含まれている有効成分は、ピモベンダンです。
これは従来のベトメディンに含まれているものと同じなので、効果の発揮の仕方は従来品と変わりません。
体内でカルシウムを効率よく利用できるように働くと同時に、ホスホジエステラーゼという酵素の働きを抑制することで心筋の収縮力を高めて血管を拡張します。

その結果、心臓にかかる負担が軽減されて弱まっていた心臓のポンプ機能が改善されます。
ほかの心不全治療薬に比べ、心臓にかかる負担が小さいという点も従来品と同じなので投薬による心臓への負担が気になる方も安心してお使いいただけます。

錠剤につけられた味は、多くの犬が好んでいるビーフフレーバーです。
おやつのような感覚で簡単に与えることができ、愛犬が飲むときに嫌な思いをしなくて済みます。
好物でくるんだり食事の中に混ぜたりしても、薬が入っていることに気付かれにくいので従来品よりも使いやすく改良されています。

十分な効果があり、愛犬も飼い主もストレスを感じずに心臓のケアができる優れた商品です。

ベトメディン・チュアブル 1.25mg50錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1.25mg50錠 × 1箱 ¥6,200 ¥6,200 ¥4,800 ¥4,800 144pt
1.25mg50錠 × 2箱 ¥6,200 ¥12,400 ¥4,550 ¥9,100 273pt
1.25mg50錠 × 3箱 ¥6,200 ¥18,600 ¥4,333 ¥13,000 390pt

ベトメディン・チュアブル 5mg50錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
5mg50錠 × 1箱 ¥13,700 ¥13,700 ¥10,900 ¥10,900 327pt
5mg50錠 × 2箱 ¥13,700 ¥27,400 ¥10,700 ¥21,400 642pt

ベトメディン・チュアブル 10mg50錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
10mg50錠 × 1箱 ¥25,500 ¥25,500 ¥20,500 ¥20,500 615pt
10mg50錠 × 2箱 ¥25,500 ¥51,000 ¥19,500 ¥39,000 1,170pt

ベトメディン・チュアブル1.25mg50錠 x 1箱

¥4,800

ポイント:144pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

関連ページ

用法・用量

1日2回、朝夕におおよそ12時間の間隔をあけて経口投与します。
1回量は体重1kgあたり0.25mgで、食事のおよそ1時間前に与えてください。
より詳細な投与量は体重によって変化するため、下記を参考にしてください。
なお、5mg錠は1錠を1.25mg4錠で代用することも可能です。

2~3.6kg未満:1.25mgを1/2錠
3.6~6.6kg未満:1.25mgを1錠
6.6~8.6kg未満:1.25mgを1錠と1/2錠
8.6~12kg未満:1.25mgを2錠
12~14kg未満:1.25mgを2錠と1/2錠
14~17kg未満:1.25mgを3錠
17~19kg未満:1.25mgを3錠と1/2錠
19~23kg未満:5mgを1錠
23~28kg未満:5mgを1錠と1.25mgを1錠
28~34kg未満:5mgを1錠と1/2錠
34~37kg未満:5mgを1錠と1/2錠+1.25mgを1/2錠
37~43kg未満:5mgを2錠
43~50kg未満:5mgを2錠と1.25mgを1錠
50~60kg未満:5mgを2錠と1/2錠
61kg以上:5mgを3錠

注意点

・犬以外の動物には投与しないでください。
・生後6ヶ月未満の子犬や哺乳犬、体重2kg未満の犬には投与しないでください。
・妊娠中および授乳中の母犬への安全性は確立されていないので、投与を避けてください。やむを得ず投与しなければならない場合は、授乳を中断してください。
・衰弱した犬や高齢の犬、治療中の犬に投与する場合は、慎重に行ってください。
・肥大性心筋症、あるいは機能的または解剖学的に心拍出量の増加が認められない症例には使わないでください。大動脈弁狭窄症がこれに当てはまります。
・先天性の心疾患や糖尿病、深刻な代謝障害がある犬に対しての安全性は確立されていないので、投与しないでください。
・重度の肝障害がある犬へ投与する場合は、慎重に行ってください。
・無症候性の心臓病や房室弁閉鎖不全症、拡張型心筋症以外の病因から起こる心不全に対する安全性は確立されていないので、投与しないでください。
・誤用を避け、品質を保持するためにもほかの容器に移し替えないでください。
・使用期限は2年間です。2年を過ぎたものは使用しないでください。
・保管する際は高温多湿の環境と直射日光を避け、20~25度以内の環境で子供やペットの手の届かないところに保管してください。
・症状によっては、フロセミドなどの利尿薬と併用することがあります。利尿薬との併用が必要な場合は、必ず獣医師の指示に従ってください。
・薬に敏感な体質の犬に投与した場合、一過性の過敏症が起きる場合があります。
・本剤を投与しても症状が持続する、あるいは悪化する場合はすぐに動物病院へ連れていき、獣医師の診察を受けてください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。投与・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、投与・使用に関しては全て自己責任となり当サイトでは一切の責任を負いかねます。

副作用

まれに嘔吐や頻脈、食欲不振、眠気や倦怠感、下痢、呼吸困難などの副作用が現れる場合があります。
このうち、嘔吐と頻脈は用量依存性という特徴があり、投与量を減らすことで避けられることがあります。
このほかにも無気力や高窒素血症、虚弱、運動失調などの症状が報告されています。

利用者の声

まだレビューはありません。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る