クレジットカード種類

当サイトは、コンビニ決済、銀行振込に対応しています。

ストロングハートプラス

ストロングハートプラス

  • メーカー:サヴァ・ヴェット
  • カテゴリ:フィラリア予防
  • 有効成分:イベルメクチン、ピランテル

このお薬の人気ポイント

・ジェネリック医薬品なので比較的安価

・牛肉風味で投与しやすい

商品詳細

ストロングハートプラスは、サヴァ・ヴェット社で製造、販売されているフィラリア予防薬です。

犬のフィラリア予防と内部寄生虫の駆除効果があり、2つの寄生虫予防を同時に行うことができます。
カルドメックチュアブルのジェネリック医薬品のため、同じ成分と薬のタイプで作られているという特徴があります。
先発薬であるカルドメックチュアブルと同等の効果を期待しつつ、安価で手に入れることができます。

錠剤には犬が好んでいることが多い牛肉風味の味がついており、おやつや食事を与えるような感覚で投与することができます。
少しでも安くフィラリア予防をしたいとお考えの方だけではなく、薬を飲むことが苦手な犬とともに暮らしている方々からも支持されています。

ストロングハートプラスの有効成分は、イベルメクチンとピランテルの2種類です。
どちらもフィラリア予防薬に使われている成分で、フィラリアの幼虫と犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫を効果的に駆除します。

イベルメクチンは線虫類の神経に作用し、神経や筋細胞の神経活動に関わる部位と結合します。
これによってシグナル伝達物質の通過に影響を与え、麻痺を起こさせることで駆除効果を発揮します。
また、線虫類が持っているGABAという神経伝達物質が結合しないようにすることで、神経の刺激を遮断する作用もあり、これらの作用によってフィラリアの幼虫を死滅させます。
さらに、ピランテルには内部寄生虫の神経中枢へ作用するという特徴があり、持続的な筋肉の痙攣を引き起こすことで麻痺させ、駆除効果を発揮します。

駆除効果は犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫に対して発揮されるため、これらの寄生虫を同時に駆除することができます。
価格の安さと投薬しやすさなどから多くの方から高い人気があります。

ストロングハートプラス 小型犬用(5.7~11.3kg)6錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 ¥3,200 ¥3,200 ¥2,500 ¥2,500 75pt

ストロングハートプラス 中型犬用(11.4~22.6kg)6錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 ¥4,400 ¥4,400 ¥3,500 ¥3,500 105pt

ストロングハートプラス 大型犬用(22.7~45.3kg)6錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 ¥4,700 ¥4,700 ¥3,700 ¥3,700 111pt

ストロングハートプラス小型犬用(5.7~11.3kg)6錠 x 1箱

¥2,500

ポイント:75pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

関連ページ

用法・用量

月に1回1錠、同じ日付で経口投与してください。
少量の食事を与えたあとにそのまま食べさせるか、細かく砕いて食事に混ぜてから与えてください。
投与してから1時間以内に吐いてしまった場合は、2~3日ほど時間を置いてから再投与します。
蚊が多い5月頃から投薬を始め、蚊の姿をあまり見かけなくなる12月頃まで投薬を続けます。
もし飲ませ忘れてしまった場合、短い時間であれば気づいた時点で1錠を飲ませ、次からは元の投薬スケジュールで投薬を再開してください。
長期にわたって飲ませ忘れがあったことが発覚した場合、フィラリアに感染してしまっている可能性がありますので、必ず動物病院で獣医師にご相談ください。

注意点

・ストロングハートプラスは、犬の体重によって適している用量が変化します。
体重11kg以下は小型犬用、12~22kg以下は中型犬用、20kg~45kgは大型犬用のものが適している用量です。
もし体重が45kg以上ある場合は、複数の錠剤を組み合わせて使用してください。
・ストロングハートプラスは、生後6週齢以上からの犬を対象としています。生後6週齢未満の子犬、離乳前の子犬へは使用しないでください。
・安全性が高く、子犬や妊娠中の母犬へも投与することができますが、獣医師にご相談したうえで慎重に行ってください。
・投与する際は、必ず事前に動物病院でフィラリアの検査を行ってください。
フィラリアに感染した状態で使用すると、一度に大量のフィラリアの幼虫が死滅することでショック症状を引き起こすおそれがあります。
・コリー犬およびその系統の犬種は、遺伝的にイベルメクチンに対して過剰に反応しやすく、副作用が現れやすいという報告がされています。
これらの犬種にストロングハートプラスを投与する際は、特に用量に注意し、慎重に行ってください。
・食物アレルギーやアトピー性皮膚炎といった疾患を抱えているペットへ投与する場合、事前に獣医師にご相談ください。
・よく噛み砕かずに飲み込んでしまった場合、効果が薄れてしまう可能性がありますので、必ずよく噛み砕かせるかあらかじめ砕いてから与えてください。
・ストロングハートプラスは犬専用のフィラリア予防薬です。犬以外のペットには与えないでください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。投与・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、投与・使用に関しては全て自己責任となり当サイトでは一切の責任を負いかねます。

副作用

主な副作用として嘔吐、吐き気、食欲不振、下痢、元気消失、痙攣が報告されています。
場合によってはめまい、うつ、無気力、瞳孔散大、運動失調、よろめき、唾液分泌過多などの症状がみられることがあります。
初回投与時は嘔吐が現れやすいので、投与したあとは安静にさせ、異常がないか観察してください。

症状の重症化や長期化が見られた場合は獣医など専門家の診察を受けて下さい。
診察の際はストロングハートプラスを投与していることを伝えて下さい。

利用者の声

まだレビューはありません。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る