クレジットカード種類

当サイトは、コンビニ決済、銀行振込に対応しています。

キウォフハート

キウォフハート

  • メーカー:サヴァ・ヴェット
  • カテゴリ:フィラリア予防
  • 有効成分:イベルメクチン、ピランテル

このお薬の人気ポイント

・ジェネリックのため安価で購入可能

・フィラリア以外の寄生虫に対しても有効

商品詳細

キウォフハートは、大手の動物用ジェネリック医薬品メーカーであるサヴァ・ヴェット社から製造、販売されているフィラリア予防薬です。
カルドメックを元にして作られたジェネリック医薬品のため、カルドメックと同等の効果を得ることができます。
フィラリアの予防と回虫、鉤虫、鞭虫といった内部寄生虫の駆除を一度に行うことができるのが特徴です。

キウォフハートに含まれている有効成分は、カルドメックと同じイベルメクチンとピランテルです。
イベルメクチンはさまざまなフィラリア予防薬に使われている成分で、安全性が高いことで有名です。
無脊椎動物の神経および筋細胞におけるシグナル伝達物質の通り道に結合し、フィラリアの幼虫を麻痺させることで死滅させます。
一方、ピランテルは寄生虫の神経中枢へ作用し、持続的に筋肉を痙攣させることで痙攣性麻痺を引き起こし、寄生虫を駆除します。
こちらは回虫や鉤虫、鞭虫などの内部寄生虫に対して効果を発揮します。

フィラリアや内部寄生虫は、飼い主が気付かない間に犬の体内へ侵入し、さまざまな症状を引き起こします。
特にフィラリアは危険性が高く、特徴的な咳や腹水など、はっきりとした症状がみられる頃には、すでに症状が悪化しています。
放置していると最終的に命に関わるため、定期的にフィラリア予防薬を使って駆除することが重要です。

キウォフハートに含まれているイベルメクチンは、フィラリアの幼虫に対し、特に高い駆除効果を発揮します。
蚊を多く見かける時期の間、定期的にキウォフハートを与えることで、確実にフィラリアを予防することができます。
同時にピランテルの作用によって、内部寄生虫も駆除できるため、ペットの体内をクリーンに保てます。

キウォフハート 小型犬用(5.7~11.3kg)6錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 ¥2,900 ¥2,900 ¥2,300 ¥2,300 69pt

キウォフハート 中型犬用(11.4~22.6kg)6錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 ¥4,000 ¥4,000 ¥3,100 ¥3,100 93pt 売り切れ

キウォフハート 大型犬用(22.7~45.3kg)6錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 ¥4,800 ¥4,800 ¥3,600 ¥3,600 108pt

キウォフハート小型犬用(5.7~11.3kg)6錠 x 1箱

¥2,300

ポイント:69pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

関連ページ

用法・用量

月に1回、1錠を経口投与します。

少量の食事を与えたあとにそのまま食べさせるか、食事の中に混ぜて与えてください。
キウォフハートはよく噛み砕かずに丸呑みした場合、効果が半減してしまう可能性があります。
あらかじめ細かく砕いてから与えるか、よく噛み砕かせてから飲み込ませるようにしてください。
蚊が活発に活動する5月から、蚊の活動が低下して姿を見なくなる12月頃まで、継続して投与します。
飲ませ忘れを防ぐために、毎月同じ日に与えることが推奨されています。
与えてから1時間以内に吐き出してしまった場合、2~3日後にもう一度投与してください。

注意点

・体重1kgに対しての用量は、イベルメクチン6mcg、ピランテル5mgです。
小型犬用、中型犬用、大型犬用が作られているので、ペットの体重に適したものを使用してください。
体重が45kgを超える場合、複数のキウォフハートを組み合わせて投与してください。
・キウォフハートは生後6週齢以上からの使用が推奨されているため、生後6週齢未満の犬へは使用できません。
・ピペラジン系駆虫薬と併用すると、成分が互いに拮抗し、薬の効果を打ち消してしまうので併用は避けてください。
・他のフィラリア予防薬との併用は禁止されています。
・コリー犬やコリー系の犬種、シェパードなど一部の犬種はイベルメクチンに対して過剰に反応するおそれがあります。
該当する犬種に投与する場合は、用量に特に注意し、慎重に投与を行いましょう。
・フィラリアに感染した犬に投与すると、体内でフィラリアの幼虫が大量に死滅し、ショック症状が起きる危険性があります。
事前に動物病院で検査を行い、フィラリアに感染していないことが明らかになってから投与してください。
・離乳前の子犬への使用は避け、妊娠中や授乳中の母犬へ与える際は獣医師の指示に従ってください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。投与・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、投与・使用に関しては全て自己責任となり当サイトでは一切の責任を負いかねます。

副作用

主に嘔吐や吐き気が報告されています。
また、うつや無気力、食欲不振、下痢、瞳孔散大、運動失調などの症状が副作用として現れる場合があります。
よろめきや痙攣、唾液分泌過多といった症状も報告されているので、これらの症状がみられた際は獣医師など専門家の方にご相談ください。

利用者の声

まだレビューはありません。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る