クレジットカード種類

当サイトは、コンビニ決済、銀行振込に対応しています。

グリコフレックスプラス(犬用)

グリコフレックスプラス(犬用)

  • メーカー:フードサイエンス
  • カテゴリ:関節炎・鎮痛剤
  • 有効成分:2粒あたり:グルコサミン(エビ、カニ)、メチルスルホニルメタン、モエギイガイ(オメガ3脂肪酸)、コンドロイチン、N,N-ジメチルグリシン塩酸塩、ビタミンE(酢酸DL-α-トコフェロール)、ビタミンC(L-アスコルビン酸-2-リン酸三ナトリウム)、マンガン(マンガンタンパク質化合物) 、ブドウ種子エキス、L-グルタチオン、セレニウム、水、アラビアガム、ブリューワーズイースト、硫酸Ca、カノラ油、クエン酸、シトラスペクチン、ダックフレーバー、グリセリン、マルトデキストリン、混合トコフェロール、プロピオン酸、ローズマリーエキス、二酸化ケイ素、アルギン酸ナトリウム、ソルビン酸、大豆レシチン

このお薬の人気ポイント

・関節炎などの痛みを軽減する効果も

・年齢や犬種を気にせずに使用できる

商品詳細

グリコフレックスは、フードサイエンス社から製造、販売されている犬用のサプリメントです。
犬の体全体の関節に働きかけることで、関節の滑りをサポートし、スムーズに動けるようにする効果があります。
年齢や犬種を問わずに使用することができ、臨床実験では4週間の間に後肢の強度が41%高まったという結果が出ています。

犬の関節に関するトラブルは、高齢の犬はもちろん、まだ若い犬にも発生することがあります。
加齢や激しい運動によって関節部の軟骨がすり減ると、動いたときに痛みを感じるようになってしまい毎日の生活に支障をきたします。
その結果、散歩や運動を嫌がって運動不足に繋がってしまうので早いうちから関節のケアをすることが大切です。

グリコフレックスには、犬の関節をサポートするために効果的な栄養素を多数配合しています。
特に効果的なものがグルコサミンとコンドロイチンで、グルコサミンには関節部の新陳代謝を促して関節炎の緩和や痛みの軽減に効果を発揮します。
コンドロイチンは弾力性と保水性に優れており、軟骨の水分を保持してハリを与え、老廃物を取り除きます。

この2つの成分は相性がよく、相乗効果で関節に良い影響を与えるため人間用のサプリメントでも注目されています。
また、メチルスルホニルメタンが関節の痛みの伝達を阻害し、痛みを緩和しつつ皮膚や骨、筋肉などのタンパク質を作り出して健康を保ちます。

グリコフレックスプラス(犬用) 小型犬用60錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1袋 1袋
1袋 ¥6,500 ¥6,500 ¥5,200 ¥5,200 156pt
2袋 ¥6,500 ¥13,000 ¥4,900 ¥9,800 294pt
3袋 ¥6,500 ¥19,500 ¥4,667 ¥14,000 420pt

グリコフレックスプラス(犬用) 中型~大型犬用60錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1袋 1袋
1袋 ¥8,300 ¥8,300 ¥6,600 ¥6,600 198pt

グリコフレックスプラス(犬用) 中型~大型犬用120錠入り

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1袋 1袋
1袋 ¥13,800 ¥13,800 ¥11,000 ¥11,000 330pt 売り切れ

グリコフレックスプラス(犬用)小型犬用60錠 x 1袋

¥5,200

ポイント:156pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

関連ページ

用法・用量

与え始めてから4~6週間は、1日2~5粒与えてください。
6週間以上が経過してからは、1日1~3粒に変更します。
与える時間帯は特に指定されていませんが、2粒以上与える場合は朝と夜に与えるなど、時間の間隔を空けてください。
食事と一緒に与えることで、胃腸への負担を減らすことができます。

注意点

・犬以外の動物には与えないでください。
・1日に与える量は、愛犬の体重によって変化します。
体重14kg以下の場合は、4~6週間は体重約5kgにつき2粒、6週間以降は体重約4kgにつき1粒与えてください。
体重14kg以上の場合、4~6週間に与える量は、体重14~27kgなら2粒、27~45kgなら4粒、45kg以上なら5粒になります。
6週間以降は体重14~27kgなら1粒、27~45kgなら2粒、45kg以上なら3粒与えてください。
・過剰に与えても健康が増進されたり、効果が高まったりすることはありませんので、必ず1日の投与量を守ってください。
・もし過剰に与えてしまった場合は、速やかに獣医師へご相談ください。
・継続して与えても症状が改善しない、もしくは悪化した場合は、速やかに与えるのを中断し、獣医師へご相談ください。
・乾燥した涼しい場所で保管し、子供や動物の手の届かないようにしてください。
・妊娠中や授乳中の母犬への安全性は確認されていないため、与えないでください。
・配合されている成分に対し、アレルギー販売を示したことがある犬には与えないでください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となり当サイトでは一切の責任を負いかねます。

副作用

特に報告されていません。

利用者の声

まだレビューはありません。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る