クレジットカード種類

銀行振込、マスターカードとJCBカード、コンビニ決済に対応

レボリューションジェネリック

レボリューションジェネリック

  • メーカー:サヴァ・ヴェット
  • カテゴリ:フィラリア予防
  • 有効成分:セラメクチン

このお薬の人気ポイント

・レボリューションのジェネリック薬の1つ

・費用を抑えつつ寄生虫予防ができる

商品詳細

レボリューションジェネリックは、サヴァ・ヴェット社が製造、販売するペット用のフィラリア予防薬です。
フィラリア予防と同時に、ノミダニ予防と内部寄生虫予防が行えるのが特徴です。
先発薬にあたるレボリューションのジェネリック薬で、ペットに必要な予防の費用を抑えられます。

有効成分として配合されている成分は、セラメクチンです。
セラメクチンは、従来の駆虫成分よりも低い濃度で十分な効果が発揮される成分です。
血液や分泌液などに溶け込み、対象となる寄生虫に接触することで神経細胞に作用するのが特徴です。
この作用によって筋肉を弛緩させ、麻痺を引き起こしてさまざまな寄生虫を駆除します。
セラメクチンによる駆除効果は非常に高く、短い時間で発揮されるため素早く効果を実感できます。

対象となるのはフィラリアやノミ、ミミヒゼンダニといった外部寄生虫、回虫や鉤虫などの内部寄生虫です。
愛犬や愛猫の健康を脅かす寄生虫を一度に駆除できるため、複数のお薬を使って寄生虫対策をする手間が省けます。
1回投与すると約1ヶ月の間は効果が持続するので、効果と持続性に優れているといえます。

また、それだけでなく生後6週齢からの子犬や生後8週齢からの子猫への安全性も確認されています。
妊娠中や授乳中の母犬、母猫、コリー系の犬種に対しても投与できるよう作られています。
フィラリアに寄生された犬や猫にも使えるとされており、より多くの犬や猫の健康を守ることが可能です。

レボリューションジェネリック 子犬子猫用(2.5kg以下)6本

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 ¥5,100 ¥5,100 ¥4,080 ¥4,080 122pt 売り切れ

レボリューションジェネリック 超小型犬用(2.6~5kg)6本

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 ¥5,990 ¥5,990 ¥4,790 ¥4,790 143pt 売り切れ

レボリューションジェネリック 猫用(2.6~7.5kg)6本

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 ¥6,200 ¥6,200 ¥4,890 ¥4,890 146pt 売り切れ

レボリューションジェネリック 小型犬用(5.1~10kg)6本

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 ¥7,400 ¥7,400 ¥5,880 ¥5,880 176pt 売り切れ

レボリューションジェネリック小型犬用(5.1~10kg)6本 x 1箱

¥5,880

ポイント:176pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

関連ページ

用法・用量

月に1回、1ピペット分を直接滴下します。
投与する際は、ピペットを上向きに持ち、カチッという音がしてノズルに穴が開くまでキャップを押し込みます。
穴が開いているのを確認したら犬や猫の肩甲骨間背部の被毛をかきわけ、皮膚を露出させます。
ノズルの口を皮膚につけ、ピペットを指で挟むようにして一気に全量を一箇所に滴下してください。
中に入っている薬液が完全になくなるよう、数回ピペットを圧迫して絞り出したらピペットを離します。

主にフィラリア予防を目的として使用する場合は、蚊が活動を始めたあと1ヶ月以内から活動を終えて終息する1~2ヶ月の間継続投与します。
このとき、過剰投与にならないよう毎月同じ日に投与するようにしてください。

ミミヒゼンダニの駆除を目的とする場合は、約3週間の間隔で完全に駆除できるまで継続投与します。
猫回虫の駆除の場合、通常1回の投与で十分な効果を発揮します。

体重によって適している用量が変化するため、具体的な用量は下記を参考にしてください。
当てはまる体重がない場合は、体重1kgあたりセラメクチン6mgを基準量として複数のピペットを組み合わせます。


体重2.5kg以下:子犬・子猫用
体重2.6~5kg:超小型犬用
体重5.1~10kg:小型犬用


体重5.1~10kg:猫用

注意点

・犬や猫以外の動物には使用しないでください。
・生後6週齢未満の子犬や、生後8週齢未満の子猫には使用しないでください。
・事前にフィラリアに感染しているかどうか検査を行い、結果が陰性の場合のみ使用してください。
・血液中にフィラリア幼虫がいる犬や猫に使用すると、駆除された大量のフィラリア幼虫の死骸によって危険な状態に陥る可能性があるため注意してください。
・使用頻度が月に1回のペースを超えないよう、注意してください。
・使用後は、投与箇所をペットが舐め取ってしまわないよう注意してください。
・使用する際は皮膚の状態を確かめ、傷や炎症などの異常がある箇所には使用しないでください。
・喫煙や飲食をしながら使用しないでください。
・使用中に薬液が手に触れた場合は、ただちに手を洗ってください。
・小さなお子様が滴下部位に触れてしまった場合は、ただちに手を洗って経過を観察してください。
・多頭飼いをしている場合、滴下後にお互いが舐め合う可能性があります。必ず別々に使用してください。
・使用中や使用後は、投与した犬や猫と他の動物との接触を避けてください。
・他の医薬品を投与している場合、併用しても問題がないか事前にかかりつけの獣医師へご相談ください。
・パッケージに記載された使用期限を厳守し、期限を過ぎているものは使用しないでください。
・必ず犬や猫の体重に適したものを使用してください。
・誤用や品質変化の原因になる可能性があるため、他の容器への移し替えは避けてください。
・配合されている成分に対し、アレルギー反応を示したことがあるペットには使用しないでください。
・保管する際は直射日光と高温多湿の環境を避け、子供やペットの手の届かないところに保管してください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。投与・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、投与・使用に関しては全て自己責任となり当サイトでは一切の責任を負いかねます。

副作用

ごくわずかですが、嘔吐や下痢、食欲減退、筋肉の震え、不活発、かゆみ、蕁麻疹などの症状が報告されています。
薬液を舐め取ってしまった場合、嘔吐あるいは流涎がみられる場合があります。
また、このほかにも投与部位の炎症や一過性の脱毛といった症状が表れることもあります。

利用者の声

まだレビューはありません。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る