クレジットカード種類

当サイトは、コンビニ決済、銀行振込に対応しています。

リクセン錠600

リクセン錠600

  • メーカー:ビルバック
  • カテゴリ:皮膚病
  • 有効成分:セファレキシン

このお薬の人気ポイント

・細菌が持つ重要な機構に作用する抗生物質

・嗜好性の高いフレーバー錠で投与しやすい

商品詳細

リクセン錠600は、ビルバック社が開発、販売しているペット用の抗生物質です。
日本ではリレキシペットA錠という名前で販売されており、犬と猫の両方に使うことができます。
皮膚の感染や傷口の感染、骨の感染、肺炎や膀胱の感染など幅広い細菌感染の治療に使われています。
犬の膿皮症治療に多く使われているほか、細菌性の外耳炎や膀胱炎などの感染症にも効果的です。
嗜好性の高いフレーバー錠のため、ペットにあまり嫌がられずにスムーズに投与することができます。

リクセン錠600に配合されている有効成分は、セファレキシンという成分です。
セフェム系という種類に分類される抗生物質の成分で、特にブドウ球菌に対して優れた殺菌力を発揮します。
ほかにも、レンサ球菌属や肺炎球菌、腸球菌属や大腸菌などさまざまな細菌を死滅させることができます。

セファレキシンには、細菌細胞が持つ細胞壁の合成を阻害する作用があります。
細菌の細胞には細胞壁という防御壁があり、細菌はこれがなくては生きていくことができません。
セファレキシンは、その細胞壁を作り出すために必要なタンパク質の働きを阻害することで細胞壁の合成を抑えます。
この作用により、細菌細胞から防御壁を取り除いて死滅させて症状を改善します。

リクセン錠600の効果は細菌にのみ発揮されるため、真菌やウイルスによる感染には効果を発揮しないため注意が必要です。
また、同じ細菌であっても緑膿菌や変形菌など弱毒菌には作用しないので投与する際は気をつけましょう。

リクセン錠600 600mg 7錠入り

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
600mg 7錠入り × 1箱 ¥3,400 ¥3,400 ¥2,700 ¥2,700 81pt
600mg 7錠入り × 2箱 ¥3,400 ¥6,800 ¥2,450 ¥4,900 147pt
600mg 7錠入り × 3箱 ¥3,400 ¥10,200 ¥2,433 ¥7,300 219pt

リクセン錠600600mg 7錠入り x 1箱

¥2,700

ポイント:81pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

関連ページ

用法・用量

1日2回、適切な量を経口投与します。
また、症状によって投与量が変化するので具体的な量は下記を参考にしてください。

-犬の場合-
細菌性皮膚感染症:体重1kgあたりセファレキシンとして15mgを7日間経口投与する。
ただし、2回の投与間隔は最低10時間とします。

尿路感染症:体重1kgあたりセファレキシンとして12~25mgを12時間ごとに経口投与します。

-猫の場合-
細菌性皮膚感染症:体重1kgあたりセファレキシンとして22~30mgを経口投与する。
症状が改善してからも、7日間、症状が重い場合は14日間継続してください。

尿路感染症:体重1kgあたりセファレキシンとして12~25mgを12時間ごとに経口投与します。

注意点

・犬や猫以外の動物には投与しないでください。
・定められた用法用量を厳守し、定められた期間内の投与であってもそれを反復する投与は避けてください。
・使用にあたっては、治療上必要な最小限の期間の投与にとどめてください。
・生後9週齢未満の子猫や体重1kg未満の子犬には投与しないでください。
・妊娠中および授乳中のペットには投与しないでください。
・腎機能に高度な障害があるペットに投与する場合、体内残留時間が長くなる可能性があるので慎重に行ってください。
・尿糖検査では偽陽性を呈することがあるので、注意してください。
・配合されている成分や、セフェム系抗生物質ならびにペニシリン系抗生物質に対してアレルギー反応を示したことがあるペットには投与しないでください。
・配合されている成分、またはセフェム系抗生物質に対するアレルギーがある人は本剤を取り扱わないでください。
・本剤を取り扱ったあと、皮膚の発赤などアレルギー反応が現れたときは医師の診察を受けてください。
・誤って薬剤を飲み込んでしまった場合は、ただちに医師の診察を受けてください。
・保管する際は、直射日光と高温多湿の環境を避けて涼しい場所で子供やペットの手の届かない位置に保管してください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。投与・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、投与・使用に関しては全て自己責任となり当サイトでは一切の責任を負いかねます。

副作用

一過性の嘔吐や食欲不振、下痢、軟便が副作用として報告されています。
その他副作用と思われる症状が現れたときは、速やかに投与を中止してかかりつけの獣医師の診察を受けてください。

利用者の声

まだレビューはありません。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る