クレジットカード種類

銀行振込、マスターカードとJCBカード、コンビニ決済に対応

アドレスタンジェネリック

アドレスタンジェネリック

  • メーカー:デクラ
  • カテゴリ:ホルモン剤
  • 有効成分:トリロスタン

このお薬の人気ポイント

・アドレスタンのジェネリック薬

・薬代を抑えつつ内分泌疾患を改善できる

商品詳細

アドレスタンジェネリックは、デクラ社が製造、販売している犬用の内分泌疾患治療薬です。
クッシング症候群や特発性アルドステロン症の治療に多く使われ、体内で分泌される副腎皮質ホルモンに作用して症状を改善する効果があります。
また、アドレスタンのジェネリック薬でもあるのでアドレスタンと同じ効果を安価な価格で得ることができます。
クッシング症候群に対して使用する場合、毎日お薬を飲ませる必要があるのでアドレスタンジェネリックを選ぶと経済的な負担を軽くすることができます。

クッシング症候群や特発性アルドステロン症といった病気は、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることによって引き起こされます。
特にクッシング症候群は犬に多く、多飲多尿や過食、腹囲膨張、左右対称性脱毛、皮膚の石灰化などの症状がみられます。
クッシング症候群の決定的な予防方法は今のところ存在しないので、疑わしい症状がみられる場合は早めに診断をつけて治療に入る必要があります。

アドレスタンジェネリックには、こういった内分泌疾患に効果を発揮するトリロスタンが有効成分として配合されています。
トリロスタンには、副腎皮質ホルモンの生合成に関わる酵素の働きを阻害する作用があります。
この効果によって、コルチゾールやアルドステロンといった副腎皮質ホルモンの過剰な合成が抑えられます。
それに伴い、これらの副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることもなくなるため、内分泌疾患の症状が改善されます。

お薬にかかる費用を軽減しつつ、しっかりとした効果を得られるのがアドレスタンジェネリックの魅力です。

アドレスタンジェネリック 10mg 30錠入り

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
10mg 30錠入り × 1箱 ¥9,800 ¥9,800 ¥7,800 ¥7,800 234pt
10mg 30錠入り × 2箱 ¥9,250 ¥18,500 ¥7,400 ¥14,800 444pt
10mg 30錠入り × 3箱 ¥8,800 ¥26,400 ¥7,033 ¥21,100 633pt
10mg 30錠入り × 5箱 ¥8,360 ¥41,800 ¥6,680 ¥33,400 1,002pt

アドレスタンジェネリック 30mg 30錠入り

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
30mg 30錠入り × 1箱 ¥11,900 ¥11,900 ¥9,500 ¥9,500 285pt
30mg 30錠入り × 2箱 ¥11,250 ¥22,500 ¥9,000 ¥18,000 540pt
30mg 30錠入り × 3箱 ¥10,733 ¥32,200 ¥8,567 ¥25,700 771pt
30mg 30錠入り × 5箱 ¥10,634 ¥53,170 ¥8,180 ¥40,900 1,227pt

アドレスタンジェネリック 60mg 30錠入り

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
60mg 30錠入り × 1箱 ¥14,400 ¥14,400 ¥11,500 ¥11,500 345pt
60mg 30錠入り × 2箱 ¥13,650 ¥27,300 ¥10,900 ¥21,800 654pt
60mg 30錠入り × 3箱 ¥12,933 ¥38,800 ¥10,333 ¥31,000 930pt
60mg 30錠入り × 5箱 ¥13,156 ¥65,780 ¥10,120 ¥50,600 1,518pt

アドレスタンジェネリック10mg 30錠入り x 1箱

¥7,800

ポイント:234pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

関連ページ

用法・用量

体重1.7kg以上の犬を対象とし、1日1回、食事とともに初期投与量を経口投与します。
初期投与量は下記の表を参考にし、症状と体重に基づいて適宜増減してください。
本剤の至適投与量は、カプセルサイズを組み合わせて決定します。
投与開始から10~14日目に、モニタリングとして生理学検査、血液学的検査、血液生化学的検査および臨床症状の観察を行うとともにACTH刺激試験によるコルチゾールを測定します。
その後、ACTH投与後のコルチゾールの値や臨床症状に基づいて、投与量の減量、維持あるいは増量を行って至適投与量を決定します。
また、投与量の増減を行ってから10~14日目に経時的にモニタリングを行って至適投与量に到達したあとも約30日ごとのモニタリングを行ってください。

体重1.7kg以上4.5kg未満:10mg
体重4.5kg以上10kg未満:30mg
体重10kg以上20kg未満:60mg
体重20kg以上40kg未満:120mg
体重40kg以上60kg未満:180mg

注意点

・犬以外の動物には投与しないでください。
・妊娠中および授乳中の母犬や、繁殖の予定がある犬には投与しないでください。
・腎疾患または原発性肝疾患がある犬、その他の肝障害がある犬に投与する際は、特に慎重に行ってください。
・貧血を呈する犬には投与しないでください。
・投与量を増量するときは、必ずモニタリングを行ってください。
・1日の投与量を2回に分けて投与する方法では、1日1回の通常投与よりも医薬品の体内への吸収量が増加し薬理作用および副作用、有害事象の増強がみられると報告されています。
そのため、特に経時的かつ注意深いモニタリングを行う必要があります。
・妊娠または妊娠を予定している女性は本剤を取り扱わないでください。
・誤って薬剤を飲み込んでしまった場合は、ただちに医師の診察を受けてください。
・使用したあと、あるいは使用者の皮膚や粘膜に付着したときはただちに水洗いしてください。
・カプセルは使用直前までPTP包装シートから出さないようにし、カプセルを砕いたり割ったりしないでください。
・誤用を避けて品質を維持するために、ほかの容器への移し替えは避けてください。
・保管する際は直射日光と高温多湿の環境を避け、湿気が少ない涼しい場所で子供やペットの手の届かないところに保管してください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。投与・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、投与・使用に関しては全て自己責任となり当サイトでは一切の責任を負いかねます。

副作用

軽度から中等度かつ一過性、あるいは回復性の軟便、下痢、嘔吐といった消化器症状がみられる場合があります。
運動不耐性や食欲不振、骨格筋症状、喘ぎ呼吸、多尿多渇、体の揺れや震えなども副作用として報告されています。
呼吸器症状や機能障害、皮膚・被毛の異常といった症状が現れる場合もあります。
ときに後肢の震え、高カリウム血症、漏尿、皮膚疾患、膀胱炎、てんかん様発作、虚脱・活力および食欲低下といった症状がみられることもあります。

ほかに、血液学検査および血液生化学検査において、好酸球やリンパ球、単球、好中球、尿素窒素および総タンパクの高値がみられる場合があります。
血液系の症状では、これら以外にもヘマトクリット値、ヘモグロビン濃度、平均赤血球色素量、赤血球数、白血球数およびコレステロール、ALP、ALT、CPK、GGTの低値が報告されています。

また、いかなる投与量においても永続的な副腎皮質機能低下症、消化器症状が現れる可能性があります。
これらの症状が副作用としてみられた場合は、ただちに投与を中止して獣医師の診察を受けてください。

利用者の声

  • クッシング症候群で脱毛と大量のおしっこに苦しんでいたけど、飲むと3日くらいでかなりマシになった! 苦しむワンちゃんを見るのは心が痛かったから少しでも楽になってよかった。

  • アドレスタンをずっと使っていたうちの子ですが、ジェネリックの方が安くてたくさん購入できたのでこっちにチェンジ。 もしかして効かないかな?という不安もあったけど、ほぼ同じような感じで症状を抑えてくれました。

  • 最近まではずっと動物病院から処方されたものを飲んでいました。もちろん効くのですが、動物病院でもらうとやはり 高額なので生活に影響することがあります。でも、このサイトで買ったら同じ薬でもずっと安かったので今後はここで買うようにしていきます。

  • うちのわんこはこの病気と診断されてから、3年くらい経ちます。この薬も2年以上は飲んでいます。 飲んでいないときは症状が現れるときがありますが、飲むとほとんど現れなくなってます。 できるだけ回数を少なくして続けていますね。

  • クッシング症候群になってしまった愛犬に与えています。飲ませると、完治はできなくても症状はかなり改善されるので必要になっています。また、何回も薬をもらいに動物病院に行くのは私や私の経済事情、愛犬にもストレスになってしまうので通販で同じ薬が売っていてよかったです。

  • 愛犬がクッシング症候群という聴き馴染みのない病気になったときはかなりあせりました。 調べてみたら完治が難しい病気になっているみたいで、飼い主とてはすごく不安な状態でした。 それでもおしっこの異常な回数、お腹の膨張は止まりませんでした。藁にもすがる思いでこの薬を購入して飲ませました。 すると過剰な水分摂取は減り、お腹の膨れも少しずつしぼんできました。今は様子をみながら与えています。 できるだけ症状を抑えることができればいいなと思っています。

  • 愛犬がクッシング症候群と診断されてから、ずっと飲ませてます。 最初に処方された動物病院のお薬よりも安いから、お薬代は抑えられてるほうだと思います。 しっかり飲ませておけば体の調子もよさそうなので、切らさないように気をつけています。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る