クレジットカード種類

当サイトは、コンビニ決済、銀行振込に対応しています。

マルボフロキサシン

マルボフロキサシン

  • メーカー:インタスファーマ
  • カテゴリ:皮膚病
  • 有効成分:マルボフロキサシン

このお薬の人気ポイント

・さまざまな細菌感染症に効果を発揮する

・安全性が高く、速やかに患部へ移行する

商品詳細

マルボフロキサシンは、インタスファーマ社が開発、販売している抗菌薬です。
犬と猫の両方に使うことができ、細菌性皮膚炎をはじめとしたさまざまな症状に対して効果を発揮します。
黄色ブドウ球菌をはじめとした多くの細菌を死滅させることができるので、医療現場では使いやすい抗菌薬として親しまれています。

配合されている有効成分は、マルボフロキサシンという成分です。
この成分はニューキノロン系という種類に分類される成分で、キノロン系という種類の抗菌薬をもとにして作られました。
細菌が自分のDNAを複製して増殖するために欠かせない酵素の働きを阻害する作用があり、細菌が増殖を抑制することで死滅させます。
この効果は、人畜共通感染症を引き起こすパスツレラ・ムルトシダに対しても発揮されます。

パスツレラ・ムルトシダは噛み傷や引っかき傷から感染し、人畜共通感染症の1つであるパスツレラ症を引き起こします。
パスツレラ症は、発症すると傷口の周囲が赤く腫れて激しい痛みを伴い、重症化すると骨髄膜炎を引き起こしたり気管支炎や肺炎を併発したりすることがあります。
最悪の場合は命に関わることもある厄介な病気なので、発症しないよう注意する必要があります。
マルボフロキサシンは、その原因であるパスツレラ・ムルトシダを死滅させて対処することができるので、優秀な抗菌薬といえます。

ほかにも、マルボフロキサシンには持続性に優れており効率よく体に吸収されるという特徴があります。
投与すると速やかに体内へ吸収され、高い濃度を保ったまま患部組織や各臓器へ移行して持続的に作用します。
一度の投与で高い抗菌力と持続力に期待できるのが、マルボフロキサシンの魅力です。

マルボフロキサシン 50mg 5錠入り

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
50mg 5錠入り × 1箱 ¥1,900 ¥1,900 ¥1,400 ¥1,400 42pt
50mg 5錠入り × 3箱 ¥1,900 ¥5,700 ¥1,300 ¥3,900 117pt
50mg 5錠入り × 5箱 ¥1,900 ¥9,500 ¥1,260 ¥6,300 189pt
50mg 5錠入り × 10箱 ¥1,900 ¥19,000 ¥1,200 ¥12,000 360pt

マルボフロキサシン50mg 5錠入り x 1箱

¥1,400

ポイント:42pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

関連ページ

用法・用量

1日1回、体重1kgあたり2.75~5.5mgを原則として経口投与します。
投与期間は5~7日間で、7日目に症状を観察したうえで追加投与をするかどうか決定します。
追加投与を行う必要がある場合は、投与開始から2週間を上限として適切な期間続けてください。

注意点

・犬や猫以外の動物には投与しないでください。
・生後12ヶ月齢未満のペットや、成長過程にある生後18ヶ月齢未満の超大型犬には投与しないでください。安全性試験において、幼若犬および幼若猫の関節障害が認められています。
・繁殖に及ぼす影響は確認されていないので、妊娠中および授乳中のペットには投与しないでください。
・定められた用法用量を守り、効果効能において定められた適応症の治療にのみ使用してください。
・定められた期間内の投与であっても、それを反復する投与は避けてください。
・有害事象が見られる場合があるので、すりつぶして投与しないでください。
・ペットに投与する際は、事前に健康状態を確かめて何らかの異常がみられる場合は投与しないでください。
・てんかん発作の既往歴があるペットに投与する際は、慎重に行ってください。
・耐性菌の出現を防ぐため、原則として感受性を確認し、治療上必要な最小限の投与にとどめてください。
・本剤の使用にあたって、局所治療を併用することが望ましいとされています。
・類似化合物で、非ステロイド性消炎鎮痛薬との併用によりてんかん様の発作がまれに現れると報告されています。
また、鉄やアルミニウム、カルシウム、マグネシウムや亜鉛など二価および三価陽イオン含有物を含む薬剤と併用すると、吸収を妨げるおそれがあるので併用を避けてください。
・類似化合物で、テオフィリンとの併用によりテオフィリンの血中濃度を高めると報告されています。テオフィリンと併用する際は、投与するテオフィリンの量を減らすなどして慎重に行ってください。
・本剤は、第一選択薬で効果がみられなかった症例に限り使用してください。
・誤用を避け、品質を保持するためにもほかの容器に移し替えるのは避けてください。
・保管するさいは高温多湿の環境と直射日光を避け、室温で子供やペットの手の届かないところに保管してください。
・類似化合物で過敏症が認められたペットに投与する際は、慎重に行ってください。
・配合されている成分に対し、アレルギーの既往歴があるペットには投与しないでください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。投与・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、投与・使用に関しては全て自己責任となり当サイトでは一切の責任を負いかねます。

副作用

嘔吐や元気消失、食欲減退や下痢などの症状が現れる場合があります。
犬における安全性試験においては、常用最高量で投与初期に一過性の軽度な食事量の減少が認められています。
また、高用量投与により耳介の発赤をはじめとしたアレルギー様反応がみられることもあります。
猫の場合、高用量投与で網膜に障害が起きたと報告されているので、注意してください。

利用者の声

  • 通販の薬ははじめて使用しましたが、特に違和感や副作用もありませんでした。 マルボフロキサシンのおかげで細菌性の皮膚炎が綺麗に治りました。 病院では高い薬を少しでも安く手に入れられるので、これからも活用させてもらいます。

  • 常備薬扱いしても大丈夫なのか不安もありますが、細菌対策も必要だよなと思って購入。 薬の大きさは8mmくらいで、意外と大きいので飲ませるときはコツがいります。

  • 猫ひっかき病対策に常備薬として置いています。 愛猫が違う細菌に感染したときにも使ったことがあります。 きちんとした方法で飲ませていたら、細菌の症状が綺麗に治りました。 手元に置いておくと、いろんな場面で使えます。

  • 細菌性の皮膚炎と診断されたときに飲ませてます! 飲ませる期間に注意しないといけませんが、ちゃんと飲ませたら綺麗に治ります。 うちには犬だけでなく猫もいるので、パスツレラ症の対策として手元に置いてます!

  • 飲ませにくいし、頑張って飲ませても副作用が出てしまいます。 うちの犬には合っていないんでしょうか。不安になってきたのでほかのお薬にします。 価格が安かったのは助かりました。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る